株式会社 アイ・アール・エス ~ インジェクタ再生洗浄サービス ~

ガソリン・ディーゼルエンジン用インジェクター再生洗浄サービス

PM2.5について

2014-06-18

こんにちは、専務の藤井です。
 
昨晩は夜通しでピエゾドライバーの耐久試験をしましたが、100Hz x 10Hr = 3,600,000回駆動しても、ドライバーもインジェクターも問題なかったのでホッとしています。
 
さて、話は変わりますが、ここ数年というもの、PM2.5という単語をよく聞くようになりました。
 
このPM2.5ですが、小さすぎて鼻毛でトラップできず、気管支やら肺の奥深くまで到達してしまい、健康によろしくないということで環境問題として注目されているのですが、ニュースなどでは「直径2.5μm以下の粒子」と紹介されています。
 
一般的にはこれで問題ないと思いますが、実際のところは2.5μmより大きいものも含まれます。
 
これは、2.5μmの粒子10個を、5個捕集して5個通過するようなフィルターがあったとして、その「フィルターを通過する粒子群」をPM2.5というからで、図のようなイメージです。
 
なんでこんなアバウトなのかというと、微粒子の径をきっちり分級して測定しようとすると、非常に複雑で高価な計測器が必要なので現実的ではなく、簡便かつ的を射た測定をしようとした結果です。
 
ちなみに、PM2.5についてはJAMA(日本自動車工業会)が出しているこちらの冊子がすごく分かりやすいので、ご興味あればご覧ください。
http://www.jama.or.jp/eco/PM25/pdf/PM25.pdf
 
PM2.5の排出には諸説ありますが、残念ながら自動車から排出されるものも少なくはないようで、特にディーゼルでは、燃料噴霧を適切に保つことが排出抑制に対して重要なので、早くインジェクターメンテナンスの文化を浸透させないとな。と思っています。
 
10329737_415891708553635_6543410222133777889_o

レベリングインジェクターオンラインショップ

営業日カレンダー

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 非営業日
  • 工場非稼働日(設備メンテナンス)
ガソリンインジェクター洗浄オーダーフォーム
ディーゼルインジェクター洗浄オーダーフォーム
バナー
バナー
日本液体微粒化学会

サービス内容動画