株式会社 アイ・アール・エス ~ インジェクタ再生洗浄サービス ~

ガソリン・ディーゼルエンジン用インジェクター再生洗浄サービス

尿素SCR

2014-06-15

こんにちは、専務の藤井です。

今日はやっと晴れてますが、さすが熊谷から半径20km圏内。
さっそく暑いです。
 
さて、なんとなく画像を作っていたらSFチックになってしまいましたが、これはデフォルメし過ぎたガンダムではなくて、尿素分子のモデルです。
 
尿素SCRというのを聞いたことがあるかもしれませんが、ディーゼルエンジンの排ガスに含まれる窒素酸化物を、この尿素を使って分解し、浄化するシステムに使われています。
 
ちなみに、尿素というと臭そうなイメージですが、これ自体は全然臭くありません。
 
この尿素ですが、分子式は (NH2)2CO です。
 
これを加水分解すると、
(NH2)2CO + H2O → 2NH3 + CO2
みたいな感じの反応が起きて、アンモニアと二酸化炭素になります。
 
このアンモニアは、ご存じの通り、得も言われぬかほりでございます。
 
以前、尿素SCRシステムの開発をやっていたとき試しに分解してみて、鼻の奥に突き刺さるような、そのガツンとくるかほりにそれはそれは驚きました。
 
ちなみに、ここでCO2が発生してますが、自動車の尿素SCRシステムでは、尿素の消費量は燃料と比べてごく少なく、システム搭載によりエンジンの燃費向上で得られる、燃料起因のCO2低減量の方がはるかに多いので、トータル的にはCO2低減になります。
 
で、排気管中に尿素水を噴射して、上記のようにアンモニアを得て触媒に吸蔵し、排気管を流れてきた窒素酸化物(NO,NO2など)と、以下のような反応をさせます。
 
6NO + 4NH3 → 5N2 + 6H2O とか、
6NO2 + 8NH3 → 7N2 + 12H2O とか、
NO + NO2 + 2NH3 → 2N2 + 3H2O とか。
 
実際には、もっといろいろな反応がありますが、いずれにせよ、結果的に無害な窒素と水に分解されます。
 
で、なぜいきなりこんな話題かと言いますと、排気管に尿素水を噴射させるパーツも、要するにインジェクターなので、燃料用のインジェクターと同様、使っているといろいろと劣化してくるわけで、そのクリーニングのニーズもそろそろ出始めるかなと。
 
個人的には、ちょっと楽しみな分野です。
 
10390988_414122598730546_4908444808256858508_n

レベリングインジェクターオンラインショップ

営業日カレンダー

2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 非営業日
  • 工場非稼働日(設備メンテナンス)
ガソリンインジェクター洗浄オーダーフォーム
ディーゼルインジェクター洗浄オーダーフォーム
バナー
バナー
日本液体微粒化学会

サービス内容動画